MENU
びゆか
元学校給食調理員 調理師免許
群馬県在住。5歳ではじめて包丁を使い、料理教室と給食調理の仕事でたくさんのメニューを覚えました。
時短・簡単で作れるように作業工程をアレンジするのが得意です。

『焼きうどん』を群馬県産小麦粉100%麺で2品作りました!サバ缶を使った感想は?

スポンサーリンク

今回は、もちもちで弾力のある群馬県産小麦粉100%の太麺うどんを使った焼きうどん2品を紹介します。

焼きうどんはボリューム満点!

一皿でお腹いっぱいになるので、お子さんだけでなく、大人にもオススメです。

おなかいっぱいになるよ!
本日のメニューはこちら
  • 子供が喜ぶカレー味☆サバ缶で作るインディアン焼きうどん
  • ちゃんぽん風☆豚肉の塩味焼きうどん

以下の順で紹介します。

  1. 子供が喜ぶカレー味☆サバ缶で作るインディアン焼きうどんのレシピ
  2. ちゃんぽん風☆豚肉の塩味焼きうどんのレシピ
  3. 焼きうどんをオススメした5つの理由

使うのはこちらの太麺です。

群馬の小麦を、群馬で製粉して、群馬で製麺した、オール群馬の包丁切りうどんです。

乾麺から茹でるのは手間なので、茹で麺を使うと時短になりますね。

びゆか

それでは調理をはじめます

Menu

スポンサーリンク

子供が喜ぶカレー味☆サバ缶で作るインディアン焼うどん

材料 1〜2人分

  • うどん  180g(1袋)
  • サバ缶  1缶
  • 人参   1/3本
  • 玉ねぎ  1/4
  • しめじ 1/2
  • キャベツ 60g
  • カレー粉 30g
  • めんつゆ 小さじ1 
  • 油    適量

切り方

  • 人参    短冊切り
  • たまねぎ  スライス
  • しめじ   バラバラに
  • キャベツ  ざく切り

①油を引いて人参、玉ねぎを炒めます。

②しめじ、キャベツの順に炒め、サバ缶を入れます。

③カレー粉、めんつゆで味を調えてから麺を入れ、蓋をして1分程度加熱すれば出来上がりです。

盛りつけます。

びゆか

まぁ美味しい~

食欲をそそる香りに包まれて、作りながらお腹が空いてしまいます。

カレーの風味でサバ缶の存在は薄れるため、魚嫌いのお子さんでも美味しく食べられると思います。

太麺のもっちりした麺にカレーがよく絡み、食が進みますよ。

使うカレー粉はフレーク状のほうが早く溶けて扱いやすいです。固形の場合は細かく刻んでから使ってくださいね。

びゆか

次の焼きうどんを作ります。

ちゃんぽん風☆豚肉の塩味焼きうどん

材料 1~2人分

  • うどん   180g(1袋)
  • 豚肉    100g
  • 人参    1/3本
  • たまねぎ  1/4個
  • なす    中1個
  • ネギ    1/4本
  • キャベツ  ざく切り
  • しめじ   バラバラにする
  • 中華だし  大さじ1
  • しょうゆ  小さじ1
  • こしょう  少々
  • 油     適量

キャベツは画像に入っていません(入れ忘れました…)

切り方

  • 人参   短冊切り
  • たまねぎ スライス
  • なす   短冊切り
  • ネギ   斜め切り
  • キャベツ ざく切り
  • しめじ  バラバラにする

①フライパンに油を引いて肉を炒め、こしょうを振ります。

②人参、たまねぎ、ネギ、しめじ、ナスを炒めます。

③キャベツ、うどん、調味料、水を少し入れ、蓋をして1分程度蒸し焼きにして出来上がりです。

盛り付けます。

びゆか

こちらも美味しい~

サッパリした塩味がちょうど良い味加減です。

野菜をタップリを使い、インディアン焼きうどん同様ボリューム満点!

食べごたえがあり、お腹も大満足しますよ。

ふりかえり

今回作った料理は焼きうどんの味変2品

子供が喜ぶカレー味☆サバ缶で作るインディアン焼きうどんと、ちゃんぽん風☆豚肉の塩味焼きうどん

焼きうどんは醤油味やソース味が主流ですが、カレーや塩味にすることで違った味を楽しむことができます。

私が焼きうどん2品をオススメした5つの理由

  1. 一皿でおなかいっぱいボリューム満点
  2. 野菜や魚、お肉などの食材が一度に食べられる
  3. 一皿で完結するので洗い物がラク
  4. 大人も子供も大好きな味
  5. 群馬県産小麦粉を使用したうどんの美味しさをお伝えしたかった

ランチにもオススメです。

今回は群馬県産小麦粉使用のうどんを使いましたが、どの産地のうどんでも美味しくできます。

太麺のほうが、よりボリューミーな食べごたえを満喫できますよ。

お子さんが大好きな美味しい焼きうどんを、ぜひ作ってみてくださいね。

魚嫌いのお子さんにオススメするレシピはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE

スポンサーリンク

コメント

コメントする

Menu
閉じる